トピックス

レジアスエースを一部改良-高齢者人口増加にともなう利用シーン拡大を見据え、ウェルキャブ 車いす仕様車に配席アレンジが可能な2タイプを新設定-

レジアスエース(バン)を一部改良し全国のネッツ店を通じて、6月11日に発売する。

 今回、ウェルキャブ(メーカー完成特装車)については、ベース車と同様の改良を施すとともに、車いす仕様車では、大型車いす2台乗車を可能にした“Aタイプ”の改良に加え、格納シートによりフレキシブルな配席アレンジが可能な“ASタイプ”、標準ボディサイズで車いす利用者が最大4人乗車可能な“Fタイプ”を新たに設定した。
 これは、高齢者人口の増加にともない、通所施設の利用者が増加し、その送迎が主となる福祉車両を取り巻く環境変化を見据えた施策であり、車いすの大型化への対応や車いす利用者の増加に応じた配席のアレンジ性の向上などさまざまなニーズに対応している。

そのほか、車いす仕様車のリヤシートに撥水機能にあわせ消臭機能を追加、身長差に合わせてシートベルトの高さ調整を可能としたシートベルトリルータを設定するなどした。また、車いすリフトの改良や乗り降りしやすい可倒式手すり(オプション)を採用するなど、快適性や利便性を向上させた。

 また、TECS(メーカー完成特装車)については、ベース車と同様の改良を実施。 そのほか、プライベートユースが多いリフト付バンにはベース車同様の外板色5色を設定した。


-レジアスエースを一部改良- TOYOTA

PDFファイルを閲覧するにはAdobe社のAdobe Reader(無償)が必要になります。