トピックス

ヴォクシーをフルモデルチェンジ

―クラス*1初*2の本格ハイブリッドシステムの搭載により、JC08モード走行燃費23.8km/L*3を達成―


 ヴォクシーをフルモデルチェンジし、1月20日に発売*4した。

 新型ヴォクシーは、家族の夢を丸ごと載せる広々とした室内空間を実現し、Fun(快適性)、Utility(使用性)、Nenpi(燃費)を高次元で融合する「Spacious FUN Box」をキーワードに開発した、次世代のスペースミニバンである。

具体的には、5ナンバーサイズの限定された外形寸法の中で、「EMOTIONAL BOX」をデザインコンセプトに、個性豊かな表情と魅惑的な印象を備えた力強いハコ(箱)を追求したデザインとし、個性的なフロントマスクにより、“毒気”のあるカッコよさを表現。新開発の低床フラットフロアによる革新のパッケージを採用することで、クラス*1トップレベルの広々空間やノンステップによる子供・高齢者にも優しい乗降性、使い勝手の良い荷室を実現。
環境性能では、クラス初の本格ハイブリッドシステム(リダクション機構付のTHS II*5)の搭載により、このクラス*1では圧倒的な低燃費(JC08モード走行燃費23.8km/L*3)と航続距離を実現。ガソリン車でもクラス*1トップレベルの変速比幅を実現した新開発Super CVT-iやアイドリングストップ機能などの採用で、このクラスのガソリン車トップ*2の低燃費(アイドリングストップ機能付2WD車:JC08モード走行燃費16.0km/L*3)を達成。
さらに、7人乗り仕様車のセカンドシートに、横スライド機構とワンタッチスペースアップサードシートの組み合わせで超ロングスライド(スライド量810mm)を実現したクラス初*2のキャプテンシートを始め、駐車枠を自動認識して駐車支援するインテリジェントパーキングアシスト(イージーセット機能付)、バックカメラの視野角を約180度まで拡大した広角カラーバックガイドモニター、ワンタッチスイッチ付パワースライドドア(デュアルイージークローザー付)、おくだけ充電*6など魅力的な快適装備を積極的に採用。

また、ウェルキャブでは、車いす仕様車に手動スロープ前倒れ機能を装備するなど大幅な商品改良を行うとともに、運転席への移乗と車いすの収納を支援するフレンドマチック取付用専用車[ウェルライド]を新設定するなど、ウェルキャブのラインアップを充実させている。


*1 全高1.8m以上の1.8~2.0Lクラス 7/8人乗りミニバン
*2 2014年1月現在。トヨタ自動車調べ
*3 国土交通省審査値
*4 ハイブリッド車は2月24日発売予定
*5 THS II:TOYOTA Hybrid System II
*6 (株)NTTドコモの登録商標


ヴォクシーをフルモデルチェンジ - TOYOTA

1/4・5新春初夢祭・HAPPY WINTER SALE

1/4(土)・5(日)ネッツトヨタ広島のお店にご来店のお客さまに抽選で素敵な賞品をプレゼント!!

また、HAPPY WINTER SALEも同時開催!
ネッツトヨタ広島人気のラインナップを限定特別価格でお届けします!

ご来店お待ちしております!

PDFダウンロード
PDFファイルを閲覧するにはAdobe社のAdobe Reader(無償)が必要になります。