トピックス

レジアスエースをマイナーチェンジ

レジアスエース(バン)をマイナーチェンジして、12月9日に発売する。

今回のマイナーチェンジでは、フロントバンパー&グリル、ヘッドランプ、リヤコンビネーションランプ*1などの意匠を変更し、一段と力強くスタイリッシュな外観とした。リヤ側面には凹凸の少ないスライドウインドウを採用することで、一体感のあるサイドビューを実現。さらに、ガラスアンテナ*2を採用したほか、全車にLEDヘッドランプ(ロービーム)や鋭角的なラインのアルミホイール*3をオプション設定している。外板色はレジアスエースのバン「スーパーGL」にボルドーマイカメタリックを新採用したほか、レジアスエースのバン「DX」(ロングボディ)にブラックマイカを追加設定した。

内装においては、エアコンのボタンやダイヤルをはじめとするセンタークラスターパネルの意匠変更に加え、平均燃費や外気温度など各種情報を表示するマルチインフォメーションディスプレイを全車に標準装備した。

また、ドアミラーやリヤコンビネーションランプ*4などにエアロスタビライジングフィンを採用。車体側面を流れる気流に小さな渦を発生させることで、車体を左右から押さえつけ、優れた走行安定性を実現。さらに、バン「スーパーGL」の2WD車はショックアブソーバーなどサスペンションのチューニング変更により、乗り心地を向上した。このほか、利便性向上のためバックドアにイージークローザー*5を採用したほか、デュアルパワースライドドア(挟み込み防止機能付)*6、スマートエントリー&スタートシステム*7、ステアリングスイッチ(オーディオ)*7をオプション設定した。

あわせて、メーカー完成特装車(ウェルキャブならびにTECS)もベース車と同様の改良を施すとともに、ウェルキャブの車いす仕様車には車いす固定作業中であることを伝えるブザーを採用した。また、TECSは低温(-20℃)、中温(-5℃)と一台で2温帯管理が可能な2室2温冷凍(低温、中温)バンを新設定した。

*1レジアスエースのバン「スーパーGL」に変更
*2レジアスエースのバン「スーパーGL」に設定
*3 除く、レジアスエースのバン「DX」(ジャストロー)
*4レジアスエースのバン「スーパーGL」、「DX“GLパッケージ」に設定
*5レジアスエースのバン「スーパーGL」に設定
*6レジアスエースのバン「スーパーGL」に設定
*7レジアスエースのバン「スーパーGL」に設定


レジアスエースをマイナーチェンジ - TOYOTA


レジアスエース - TOYOTA


アクアを一部改良し、燃費性能で世界トップの37.0km/Lを実現

アクアを一部改良し、12月2日に発売する。燃費性能で世界トップ*1の37.0km/L*2を実現
―スポーツコンバージョン車シリーズ“G SPORTS(通称G's(ジーズ))”を新設定―

今回の改良では、エンジンのフリクションを低減するとともに、モーターやインバーターなどの制御を改良しハイブリッドシステムの効率を一段と高めることで、世界トップの低燃費37.0km/L(従来型比+1.6km/L*2)を実現した。
また、サスペンションにチューニングを施すなど乗り心地を向上させたほか、遮音材の追加などにより静粛性を高めている。
さらに、ドアミラーにドアの施錠・解錠と連動して格納・復帰するオート機能と、フロントドアガラスに撥水機能*3を追加し利便性を向上するとともに、ヒルスタートアシストコントロールには坂道を感知する機能を追加し、車両のずり落ちを緩和する性能を高めた。
このほか、外板色に新色ディープアメジストマイカメタリック*3を追加し全11色とするとともに、スピードメーター文字色を変更した。

*1 2013年11月現在。ガソリン乗用車(除くプラグインハイブリッド車)との比較。トヨタ自動車調べ
*2 JC08モード走行燃費。国土交通省審査値
*3 除く「L」グレード

あわせて、ウェルキャブ(メーカー完成特装車)についてもベース車と同様の改良を施している。

 同時に、TOYOTAが自ら開発するスポーツコンバージョン車シリーズの第6弾として、「“CONTROL AS YOU LIKE” ~意のままに操る喜びを~ 」をコンセプトとした、“G SPORTS(通称G's(ジーズ))” を新たにアクアに設定し、12月9日に発売する。

“G's” とは、より幅広いお客様に「走りの味」「クルマの楽しさ」を提供するために、GAZOO Racingのテストドライバーがトータルチューニングを施し、「意のままに操れる」ハンドリング性能を実現するとともに、架装工程のインライン化などにより、お求めやすい価格設定を実現したスポーツコンバージョン車シリーズである。

今回、アクアに新設定した“G's” は、「走りの楽しさ」「操る喜び」を追求するため、コイルスプリングやショックアブソーバーに専用チューニングを施したサスペンションを採用。さらに、補強材や溶接スポット打点の追加によりボディ剛性を向上させたほか、専用17インチアルミホイールや高性能タイヤを採用することで、ハイブリッド車のイメージを一新するスポーティな乗り味を実現している。

外観では、専用デザインのバンパー(フロント・リヤ)を採用するとともに、“G's” エンブレムをフロントフェンダーならびにバックドアに配したほか、フロントLEDイルミネーションビームやブラック加飾のヘッドランプなどにより、知的な躍動感を表現している。

内装では、運転席および助手席を“G's” エンブレム付専用スポーティシートとしたほか、シート表皮にはアルカンターラ®*を採用。シルバーステッチを施したシフトノブやアームレスト付センターコンソールボックス、ラメ入りピアノブラック塗装のステアリングホイールやパワーウインドウスイッチベース、アルミ製のペダル(アクセル・ブレーキ)などにより、スポーティ感を演出している。
* アルカンターラ®は、アルカンターラ社の登録商標


アクアを一部改良 - TOYOTA


アクア - TOYOTA




PDFファイルを閲覧するにはAdobe社のAdobe Reader(無償)が必要になります。